大崎企業スポーツ事業研究助成財団 第9回公開フォーラム

プロフィール
【講  師】
湯本 善之 株式会社ビックカメラ スポーツコミュニティー室 室長
埼玉県生まれ。早稲田大学商学部卒業。1976年三和銀行入行(現三菱東京UFJ銀行)
王子駅前、池袋西口・要町、日本橋第二部、本郷支店 各支店長・法人営業部長を歴任。
2005年株式会社ビックカメラ入社。2006年取締役総務本部長兼人事部長、2011年取締役常務執行役員総務本部長、2015年現職に就任。現在に至る。
高校(熊谷高校)時代に円盤投げでインターハイ出場、当時の縁でビックカメラ陸上部の立上げとなった。
現在、陸上部監督・女子ソフトボール部長・ビックカメラ健康保険組合理事長・社会福祉法人松柏児童園(児童擁護)常務理事兼任。

三ア 冨査雄 株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部パートナー
和歌山県生まれ。京都大学文学部卒業。1992年野村総合研究所に入社。
社会産業コンサルティング部、公共経営戦略コンサルティング部等を経て、2012年4月コンサルティング事業本部パートナーに就任。主にサービス産業(スポーツや観光、医療等を含む)に関わる政策立案や事業化支援、実行支援型プロジェクトのマネジメントを数多く担当。日本オリンピック委員会マーケティング委員や日本オリンピアンズ協会事業委員会学識経験委員などを務める。
杉山 茂
スポーツプロデューサー・当財団情報交流委員
東京都生まれ。慶応義塾大学文学部卒業。ディレクターとしてNHK入局。
スポーツ番組の企画、制作、取材を担当。80年代後半からオリンピックなどの放送権ビジネスを手がける。オリンピック取材冬・夏12回、88〜92年スポーツ報道センター長、98年NHK退局。フリーのスポーツプロデューサーとしてJリーグ理事、2002年FIFAワールドカップ日本組織委員会放送業務局長を歴任。現在は番組制作会社「エキスプレス・スポーツ」エグゼクティブプロデューサー。
大崎企業スポーツ事業研究助成財団理事、日本アンチドーピング機構評議員、全国高体連評議員などを務めている。
【コーディネーター】
海老塚 修 慶應義塾大学大学院 教授・当財団情報交流委員
東京都生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。1974年電通に入社。
ワールドカップや世界陸上などをはじめとするグローバルスポーツのマーケティングを担当。ISMサッカー(USA)副社長、国際陸連TV委員、横浜市スポーツ振興事業団評議員などを務めた。現在、日本BS放送の番組審議委員を務める。
著書に「スポーツマーケティングの世紀」、「バリュースポーツ」がある。
2010年度より慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科スポーツマネジメント専修教授。